好きや興味がふくらむ - 何かをはじめるきっかけがここにある

筋肉は負荷を与え続けなければ成長しません

身体を鍛えて綺麗な筋肉ボディを手に入れようと熱心にトレーニングしても、同じ筋力アップメニューばかりをアホみたいに繰り返してはいけません。
筋力アップに一生懸命に取り組み過ぎて、狂ったように同じトレーニングばかりを長期に渡って行ってもまったく意味がありません。
身体を鍛えて筋力アップを図るなら、筋トレにある程度のバリエーションが必要です。
同じ筋力アップメニューばかりを長く続けると、筋肉がそのトレーニングに慣れてしまい、いくら鍛えても刺激を受けずにただの空振り現象だけに終わってしまいます。
人間の筋力は、それなりの負荷を与え続けなければ成長というステップアップを止めてしまいます。
ですから、身体を鍛える場合は、重さや時間、方法などに緩急をつけてパターン化を防ぎバリエーション豊富に行いましょう。
ボリュームよりもクオリティが重要です。
筋トレマシンを利用するしないに係わらず、トレーニングのときは絶対にフォームチェックを忘れないでください。
身体を鍛える場合は、必ず正しいフォームを意識しましょう。
これは筋トレ効果をアップさせると同時に未然に怪我を防ぐことにつながります。
いくら腕立て伏せが連続100回出来ても、いくら100kg以上のベンチプレスを何回も上げられても、間違ったフォームのままで鍛えていては効率良くありません。
無駄な運動になりその効果を下げてしまい、それどころか怪我の原因にもつながりかねません。
癖のある間違ったフォームのまま筋トレしても、筋力アップにつながらないワケではありませんが、効率良く鍛えるためには正しいフォームがピンポイントに筋力アップできます。
ですから、トレーニングをはじめる場合は、まずは鍛え方や使い方、技術に関するHow toをしっかり学んでおきましょう。
基礎を身につけてからアレンジするとより効果的です。
闇雲に身体を鍛える行為はいけませんが、その一生懸命な気持ちはわかります。
筋力アップは数の多さというよりも、一つひとつの質が大切です。

身体を鍛えて筋肉ボディになれば自分に自信が持てて、モテ始める筋肉は負荷を与え続けなければ成長しません自分の限界値を毎トレーニング更新させよう